ダイバーシティ&インクルージョン

現在、当社を取り巻く環境は刻々と変化しており、グローバル化が進む中で、企業理念と経営方針を実現し、持続的に成長していくために、女性・高齢者・外国人・障碍者など多様な人財が継続的に働きやすい職場環境を整備し、組織を多様化(ダイバーシティ)するとともに、多様な社員全員が成長し活躍できる(インクルージョン)会社を目指し、更に取り組みを強化推進してまいります。

「女性活躍推進」への取り組み

「人を育て人を活かし、人を大切にする企業グループを創ります」という企業理念に基づき、
女性社員がより活躍できる環境を整備するための行動計画を策定し、積極的に取り組んでいます。

計画期間

2021年4月1日~2024年3月31日 (3年間)

当社の課題

  1. 1.管理職における女性比率の引き上げ
  2. 2.女性総合職の継続就業年数の伸長
  3. 3.女性総合職のライフイベントと仕事の両立に関する不安の払拭とキャリアアップを当たり前に目指せる環境の整備

目標と取り組み内容

目標 1

女性社員が各職場で管理職として活躍できる環境を整備して、
女性の管理職昇格割合が男性の管理職昇格割合の8割以上となることを目指す。

取り組み内容
  1. 1.女性総合職を対象としたキャリア研修の実施
  2. 2.女性総合職を持つ上司を対象とした部下育成施策の実施
  3. 3.育児・介護等に関わる社員を対象に仕事との両立推進を目的としたセミナーの実施

目標 2

女性社員が働きがいを持って継続して働ける組織風土を醸成し、
入社10年目前後(9~11年目)の女性総合職の在籍率が同男性総合職の在籍率の8割以上となることを目指す。

取り組み内容
  1. 1.女性活躍推進に関する課題を抽出するための意識調査を実施し、課題に対する改善施策の立案・実行につなげる
  2. 2.管理職層を対象としたダイバーシティ・マネジメント教育を継続実施
  3. 3.ライン課長を対象とした部下育成教育の強化
  4. 4.ワーク・ライフ・バランス向上のための業務効率化を推進

「えるぼし」認定を取得

女性が活躍しています!

日鉄物産は、2018年6月13日厚生労働省より女性活躍推進優良企業と認定され、「えるぼし」認定(2つ星)を取得しました。
「えるぼし」とは、2016年4月1日に施行された女性活躍推進法に基づく行動計画を策定し届出を行った企業のうち、一定の基準を満たし、女性活躍推進に関する取り組みの実施状況などが優良であると認定された企業に与えられるものです。日鉄物産は、「えるぼし」取得5要件のうち、(1)、(3)、(5)(採用、労働時間等の働き方、多様なキャリアコース)の基準を満たし、(2)、(4)(継続就業、管理職比率)についても2年以上連続で改善していることにより、3~4つの基準達成が求められる「2つ星」を獲得しました。日鉄物産は今後も、女性の活躍推進に力を入れ、働きやすい職場、働きがいのある仕事を創出していきます。

「外国籍社員」採用への取り組み

当社では、事業のグローバル化を推進する中で、外国籍社員の採用を積極的に実施し、2021年4月1日現在で、42名の外国籍社員が勤務しています。海外取引に携わる組織の中で、母語の能力を発揮することはもとより、母国と日本の両国に関する文化、経済などに対する相互理解を基盤に、より踏み込んだコミュニケーションを行いながら活躍しています。日本人社員との間で、お互いに刺激し合い、相乗効果が生まれることを目指しています。

「外国籍社員」推移(人)

国籍別 2018年 2019年 2020年 2021年
中国 21 20 21 22
韓国 11 12 14 14
台湾 0 0 3 1
インド 2 2 2 2
アメリカ 0 0 2 2
マレーシア 0 1 1 1
34 35 43 42

「LGBT」への取り組み

ダイバーシティ&インクルージョンの更なる取り組み強化に加え、「SOGIハラ:Sexual Orientation Gender Identity(性的指向及び性自認)に関する侮辱的な行動」「アウティング:本人の性的指向や性自認を、本人の同意なく第三者に暴露すること」の防止策を講じるため、「LGBTに関する意識調査」を2021年7月に実施しました。約900名の社員から得られた回答の分析結果を基に、当社における課題に対応した施策を実施していきます。