JALグループの新ユニフォームの受注

2019年08月23日



日鉄物産株式会社(本社:東京都港区、社長:佐伯 康光、以下「当社」)は、日本航空株式会社(本社:東京都品川区)とそのグループ企業(以下「JALグループ」)制服のリニューアルにおいて、「整備士」、「グランドハンドリングスタッフ」の新ユニフォームを受注いたしました。

当社は、JALグループの2020年4月から着用を開始する新ユニフォームへのリニューアルにあたり、スポーツメーカーであるデサントジャパン株式会社(本社:東京都豊島区、社長:小川典利大)と企画協業を行いました。

スポーツ衣料のノウハウを取り入れ、機能性に優れた耐久性の強い素材を使用し、全てにストレッチ性能を付加することで、スタイリッシュなシルエット、軽量かつ動きやすいデザインを実現しています。

また、JALグループの新ユニフォーム基本コンセプト「SDGsが掲げる持続可能な社会の実現」に貢献すべく、環境へ配慮した再生ポリエステルを利用しています。さらに、生地から縫製までのすべての生産工程を見える化することにより、サプライチェーンの透明性を図っています。

今後も長年OEM/ODM事業で培った企画提案力や物流機能と、繊維業界におけるネットワークを融合し、従来より進化した先進性・革新性のある衣料品を提供してまいります。



○ 受注した新ユニフォームの概要

  【整備士】
   JALグループのシンボルマークである鶴丸をベースに、調和と安心感を演出しながら、ストレッチ性と立体パターンによる動きやすいデザインを表現しています。

HP用掲載画像1.jpg
       オーバーオール

  【グランドハンドリングスタッフ】
   カバーオールや多種多様な働き方に順応できるセパレートタイプは整備士と共通したデザイン、品質、機能を有しています。
   また、ポロシャツは夏に適した着用快適性や吸汗防臭性の機能を備えています。

HP用掲載画像3 カバーオール.jpg
           カバーオール
HP用掲載画像2 セパレートタイプ.jpg
セパレート
HP用掲載画像4 ポロシャツ.jpg
 ポロシャツ


※本件に関するお問い合わせ

日鉄物産株式会社 総務・広報部 広報課

TEL:03-5412-5003 FAX:03-5412-5102