ワーク・ライフ・バランス

「健康宣言」

日鉄物産グループでは、「人を育て人を活かし、人を大切にする企業グループ創り」を企業理念の一つに掲げており、社員一人ひとりの健康の維持・向上が、経営課題を実行するための重要な基盤であると考えています。そのために、会社、健康保険組合が一体となり、健康経営を推進していきます。

  1. 1.会社と健康保険組合が協力して社員一人ひとりの健康増進を支援します。
  2. 2.「働きやすい職場、働きがいのある仕事」を実現するため、会社と社員が協力し、誰もがワクワクしてやりがいの感じられる就労環境を整備します。
  3. 3.働き方改革と生産性向上を推進し、ワーク・ライフ・バランスを充実させます。

「次世代育成支援」「 子育てサポート企業」への取り組み

当社は、次世代育成支援対策推進法の主旨にのっとり、仕事と子育ての両立を支援するとともに、
社員のワーク・ライフ・バランスの促進を図り、次世代を担う子どもが健やかに育成される雇用環境の整備に努めています。

計画期間

2021年4月1日~2024年3月31日 (3年間)

目標と取り組み内容

目標 1

育児や休暇取得に関する制度を活用しやすい環境を整備する。

取り組み内容
  1. 1.女性社員を対象とした育児と仕事との両立支援促進のための教育の実施
  2. 2.女性社員の上司を対象とした部下の育児と仕事との両立支援促進に関する教育の実施
  3. 3.育児等に関する制度の紹介・活用方法の事例紹介・周知徹底

目標 2

男性社員の育児に関わる休暇取得日数の長期化を促進する。

取り組み内容
  1. 1.男性社員の子育てに対する意識改革のための教育
  2. 2.男性育休取得申請を期限内に提出してもらうための啓蒙活動

目標 3

子育てしながら仕事を継続できる柔軟な働き方を促進する。

取り組み内容
  1. 1.よりテレワークしやすい環境の整備
  2. 2.IT化促進による業務効率化や、テレワークを活用した仕事と子育てとの両立の事例紹介等

「くるみん」認定を取得

2021認定くるみん 子育てサポートしています

日鉄物産は、2018年9月、厚生労働省より「次世代育成支援対策推進法」に基づく、「子育てサポート企業」として認定され、次世代育成支援認定マークである「くるみん」を取得。
更なる取り組みの推進により、2021年8月27日付で2回目の認定を受けました。

「プラチナくるみん」認定を取得

プラチナくるみん 子育てサポートしています

日鉄物産は、2021年8月27日付けで、厚生労働大臣より「子育てサポート企業」として「プラチナくるみん」の認定を受けました。
「プラチナくるみん」は、次世代育成支援対策推進法に基づく認定制度であり、一般事業主行動計画に定めた目標の達成などの基準を満たした「くるみん」認定企業の中から、子育てサポート企業として、より高い水準の取り組みを行っている企業が一定の要件を満たした場合に認定されます。
当社は「人を育て人を活かし、人を大切にする企業グループを創ります」の企業理念に則り、今後も、社員一人ひとりの「ワークライフバランスの向上」と「仕事と家庭生活の両立」の実現に積極的に取り組んでいきます。

「男性社員の育児休業制度」への取り組み

2019年度からは家族異動届を提出した男性社員に対して、人事部から育児休業取得推奨の案内を所属長経由で個別に開始した結果、取得率が一気に向上しました。

当社はワーク・ライフ・バランスの更なる向上を目指して男性育休100%宣言も行っており、今後も制度の利用拡大を推進し、取得率アップと取得日数の増加を図っていきます。

取得者の体験談

鉄鋼事業本部 鉄構営業部 篠木 達也

2016年入社 2020年7月長男誕生 2020年9月取得 取得日数5日

育児休業の1週間ほど前から仕事を整理し、休暇中の仕事は課長が引き受けてくれるなど、周りの人たちが快く送り出してくれました。

妻が実家から戻るタイミングで育休を取得しました。赤ちゃんを迎える準備や初めての育児に参加できたので、新しい生活に不安だった妻もとても喜んでくれました。


繊維事業本部 レディス衣料第五部 稲吉 大二郎

2013年入社 2019年6月長男誕生 2019年8月取得 取得日数5日

上司が勧めてくれたのでスムーズに取得できました。休暇中は部を挙げて助けてくれたので感謝しています。

産後ケアもあり、帰省している妻の実家へ行きました。遠方のため、夏季休暇と育休を続けて取得できたのは助かり、育児に疲れていた妻は大変喜んでくれました。

同僚から

職場の女性陣にはママさんが多く、「子育て楽しんできてね」と温かい言葉を掛けてもらいました。お互い子どもがいるので、突発的な休みもフォローし合って助けてもらっています。

「ワーク・ライフ・バランスの充実」

審査部に所属する尾花一輝は2022年7月に米国アラバマ州バーミングハム市で開催されたTHE WORLD GAMES 2022(※)のラクロスSIXES男子日本代表に選出され、3位決定戦(対英国戦)において決勝ゴールを決め、この試合に勝利し、銅メダルを獲得しました。ラクロスにおいて、世界大会でのメダルは日本史上初の快挙であります。

(写真は日本ラクロス協会提供)
  • THE WORLD GAMES 2022
    7月7日から17日まで、公式30競技、公開5競技が実施され、世界約100の国・地域から約3,000名のトップアスリートが集合、世界の頂点を目指しました。

大学入学後にラクロス部に所属し、大学の必須単位である海外留学でラクロスができる環境を求めて米国の大学へ2年生の秋から9カ月間留学、現地大学のラクロス部に所属して体格に優れたプレイヤー達の中で技術、体力を向上させました。帰国後、4年生の時に全国大学選手権で優勝、日本代表候補に選出されました。「社会人になってもラクロスを続ける」という強い決意のもと、当社に入社しました。

入社後は審査部に配属され、鉄鋼、食糧、国内外関係会社の担当部門の与信管理で多忙な毎日を過ごしています。ラクロス選手としては、平日は時間の許すかぎりランニングや筋力トレーニングなどの個人練習、休日は所属のクラブでチームメイトと練習や試合を積み重ねてきました。「業務の効率化」と「スケジュールの管理」を高い意識で実践することで業務に邁進しながらトレーニングの時間を確保するよう努力しています。急な案件の発生時、月末や期末の繁忙期などは業務が立てこむことがありますが、そのような時には短い時間でできるトレーニングをするなどの工夫により、業務とラクロスの両立を実践してきました。

社会人になってから、よりレベルの高いプレーを目指したいと同じ思いを持つ仲間と一緒に新たにクラブチームを立ち上げ、現在の活動の中心としています。

今回のTHE WORLD GAMES 2022出場へ向けて、会社として年次有給休暇とは別に「特別休暇」を付与、安心して大会に参加できるようにし、実務においても周りの部員が不在時の業務を分担、大会期間中は試合に集中できるように体制を整え、尾花一輝を応援し、活躍を支えるようにいたしました。

尾花一輝のコメント:
会社からの特別休暇の付与、業務における周りのサポートのおかげで、日鉄物産の社員としてだけでなく、ラクロス選手としての尾花一輝を認めてくれている、応援してくれていることを強く実感しました。これからも日鉄物産の社員として、ラクロス選手としてさらに成長したいと思います。

日鉄物産はこれからも社員が仕事と私生活の両面で充実できるよう、ワーク・ライフ・バランスの促進に向けて取り組んでまいります。

中村社長へ銅メダル獲得を報告 (撮影時のみマスクを外しています)